お金を借りるにはコレ!今すぐお金を借りる方法5選

急なお金の要りようでもカードローンなら審査回答までの時間も短く、すぐに借り入れすることが可能となります。

ピンチな時はつい焦って判断してしまいがちですが、急いでいる時こそ一呼吸置いて安心できるカードローンを選択することが大切です。

急なピンチに助かるカードローンの中でも今日中に借りることができる「30日間無利息」サービスのあるカードローンをご紹介します

プロミスなら最短1時間!スピード融資

プロミスなら審査回答まで最短30分!消費者金融の中でも審査スピードがトップクラスのカードローンです。月々の返済金額も1,000円からでOKなため、返済にかかる生活への負担が少なくて安心です。

平日の14時までに契約手続きが完了すれば、指定の口座に振込み融資をしてもらうことも可能なため、わざわざ自動契約機に行かなくても即日融資が可能となります。

14時以降の申込みの場合でも全日22時まで自動契約機で手続きを行うことが可能なため、普段忙しくて手続きを行う時間が無い方でも余裕を持って申し込むことができます。

金利 年4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
審査スピード 最短30分
最低返済額 月々1,000円
融資即速度 最短1時間
無利息期間 初回借入の翌日から30日間

アコムは審査通過率NO.1

アコムは、大手の消費者金融が公表している審査通過率NO.1のカードローンです。そのため、とにかく審査に通過したい方にはオススメなカードローンと言えるでしょう。

最短でお金を借りるためには、事前にインターネットから申し込みを済ませておくことによって契約までの手続きにかかる時間を短縮することが可能となります。

契約後は、店頭窓口や「むじんくん(自動契約機)」で手続きを行うことによってその場でローンカードを発行してもらうことができ、すぐにお金を借りることが可能になります。

金利 年3.0%~18.0%
※極度額100万円以上の場合は年3.0%~15.0%
限度額 最高800万円
審査スピード 最短30分
最低返済額 月々1,000円
融資即速度 最短即日
無利息期間 契約日の翌日から30日間

アイフルなら1秒でカンタン診断

アイフルは申し込み前に申込みが可能かどうか確認できる「1秒診断」といったサービスがあるため、スムーズに手続きを進めるためにも事前に確認しておくと安心です。

アイフルはインターネットからの申し込み後、オペレーターに相談して急いでいる旨を伝えることによって優先して審査を進めてもらうことが可能となります。

このように急いでいる場合でも審査への対応が充実しているため急なお金の要り様でも頼りになるカードローンです。

金利 年4.5%~18.0%
限度額 最高500万円
審査スピード 最短30分
最低返済額 月々4,000円
融資即速度 最短即日
無利息期間 契約日の翌日から30日間

カードローン以外にお金を借りる方法とは

方法 おすすめ度 金利 スピード 限度額 内容
消費者金融 ・カードローン
・借換えローンなど
銀行 × ・地方銀行
・都市銀行
・労働金庫(就職内定者応援ローン)など
公的貸付制度 × ・年金担保貸付制度
・国の教育ローンなど
生命保険 ・生命保険契約者貸付制度
※解約払戻金を担保にして保険会社からお金を借りる
質屋 × × ・質預かり
※品物を質屋に預けて、その品物に見合った金額のお金を借りる

お金を借りる方法は消費者金融や銀行などといった民間業者から借りるのか、国や自治体などといった公的機関から借りるのか、大きく分けてこの2つの方法に分けられます。

民間業者である消費者金融や銀行からカードローンを契約することによって最短即日でお金を借りることが可能となりますが、ここではカードローン以外にもお金を借りる事ができる方法についてご紹介していきます。

他府県の民間業者から借りる

地方銀行は営業区域内にお住まいの方や、勤務先がある方と申し込みを一部の地域限定としている銀行が多くありますが、大手の都市銀行などでは申込みの対象を全国としている銀行が多く存在しています。

申込みを一部の地域に限定している地方銀行と、都市銀行を下記にまとめてみました。

地方銀行
申込対象:一部の地域限定
・横浜銀行
・京都銀行
・福岡銀行
都市銀行
申込対象:全国
・みずほ銀行
・三井住友銀行
・三菱東京UFJ銀行

地方銀行であっても、申込み時の審査が通過すれば全国の提携ATMやコンビニATMで利用することが可能ですが、上記のように申込みが限定される場合があります。

内定者向けのローンを利用する。

カードローンは安定した収入がなければ申し込むことはできません。

しかし、静岡県労働金庫の「就職内定者応援ローン」や長野労働金庫の「就職内定者向けローン」を利用することで、好条件でお金を借りることが可能となります。

2つのローンの申込条件はそれぞれ下記のようになります。

ローン種類 申込条件
静岡県労働金庫
「就職内定者応援ローン」
静岡県内に居住、もしくは静岡県内の企業へ内定が決定した新卒予定者
長野労働金庫
「就職内定者向けローン」
・長野県内に居住、もしくは長野県内の企業へ内定が決定した新卒予定者
・年齢満18歳以上~満30歳未満の方

2つのローンのスペックを下記にまとめてみました。

静岡県労働金庫
「就職内定者応援ローン」
長野労働金庫
「就職内定者向けローン」
金利 変動金利:年2.5%
固定金利:年3.0%
変動金利:年3.5%
固定金利:年2.5%~3.7%
限度額 最高100万円 最高100万円
返済期間 6ヵ月以上10年以内 最長10年

内定者向けのローンを利用することによって、カードローンよりも好条件でお金を変えることが可能となりますが、これらのローンは契約対象者が居住地や勤務予定地など一部の地域に限定されているためお金を借りる事が可能かどうか事前に確認が必要です。

国の教育ローンで借りる

国の教育ローンでお金を借りるための条件はたった一つです。「融資の対象となる学校に入学、または在学している方の保護者であること」

上記の条件を満していれば誰でも融資を受けることが可能になります。

融資の対象となる学校というのは、大学や専門学校などほとんどの学校が対象となっていて、年齢の制限もありません。

子供の人数 融資対象となる世帯収入の上限金額
1人 790万円
2人 890万円
3人 990万円
4人 1,090万円
5人 1,190万円

上記のように子供の人数によって融資対象となる世帯収入の上限額が制限されますが、条件を満たすことができれば低金利でまとまったお金を借りる事が可能です。

また、一定の条件を満たすことで更に条件が優遇される場合もあるため、事前に確認してみると良いでしょう。

国の教育ローンのスペックは下記のようになります。

金利 年1.81%(固定金利)
限度額 子供一人につき350万円まで
返済期間 最長15年

保険の貸付制度を利用する

生命保険に加入しているのであれば、「生命保険契約者貸付制度」を利用することが可能です。

これは生命保険の解約払戻金を担保にして保険会社からお金を借りる制度です。解約払戻金を担保としているため、借りることが可能となる限度額は契約内容によって様々ですが、インターネットからであれば、数分で手続きを完了することも可能です。

例として日本生命のスペックを下記にまとめてみました。

金利 ・年3.75%
※2012年4月2日~2014年4月1日の保険契約
・年3.0%
※2014年4月2日以降の保険契約
限度額 解約払戻金の所定の範囲内
融資スピード インターネットなら2分程度で手続き完了

質屋でお金を借りる

質屋は大きく分けて「買い取り」と「質預かり」の2種類の方法で利用することができます。

「買い取り」の場合は、品物を質屋に買い取ってもらい収入を得ることができ、「質預かり」の場合は持ち込んだ品物を質屋に預けて、その品物に見合った金額のお金を借りることが可能となります。

質屋でお金を借りる場合は、個人情報などの審査がなくすぐにお金を借りることが可能となりますが、質屋は基本的に月利で利息を請求されるため、返済が長期になる場合は高額な利息を支払わなければならなくなります。

また、返済ができなくなり預けた品物が質流れしてしまうと二度と手元に戻ってくることはないため注意が必要です。

「質預かり」の平均的なスペックは下記のようになります。

金利 月3.0%~8.0%程度
限度額 品物と相当な金額
返済期間 基本的に3ヶ月以内

失業中でも借りれる公的制度を利用する

失業中で一時的に収入が無い方や、転職をして所得が低くなって生活が厳しい方を対象とした「生活福祉資金貸付制度」を利用することによって金利ゼロ、または低金利でお金を借りることが可能となります。

生活福祉資金貸付制度を利用してお金を借りることができる資金は次の4つになります。

  • 総合支援資金
  • 福祉資金
  • 教育支援資金
  • 不動産担保型生活資金

この4つの貸付制度の種類によって、貸付の内容や条件が異なってくるので事前に確認が必要です。

それぞれの貸付制度の種類によるスペックを下記にまとめてみました。

貸付制度の種類 金利 限度額
総合支援資金 ・連帯保証人あり:金利ゼロ
・連帯保証人なし:年1.5%
最高60万円
福祉資金 ・連帯保証人あり:金利ゼロ
・連帯保証人なし:年1.5%
最高580万円
教育支援資金 金利ゼロ 最高50万円
不動産担保型生活資金 年3.0%、又は長期プライムレートのいずれか低い利率 ・地及び建物の評価額の70%程度
・最高月30万円以内

年金を担保とした貸付制度を利用する

カードローンの多くは貸付条件を年齢満20歳から70歳までとしている金融機関が多いため70歳を超える方の場合は、カードローンでお金を借りるのは難しいのが現状です。

しかし、国から唯一「年金」を担保とした融資が認められている「年金担保貸付制度」を利用することによって年齢に制限なく、年金を受給している方であればお金を借りることが可能です。

年金担保貸付は基本的に申込み時に連帯保証人が必要となりますが、信用保証機関による信用保証制度といった制度を利用することも可能です。

別途保証料が必要となりますが中々身内に保証人をお願いしにくい方でもお金を借りることが可能となります。

年金担保貸付のスペックは下記のようになります。

金利 年0.9%~年1.6%
限度額 最高200万円
・受給している年金額の0.8倍以内
・1回あたりの定額返済額の15倍以内
最低返済額 月々1万円

公的制度のローンを利用するメリットとデメリット

カードローンは「安定した収入がある方、または配偶者に安定した収入がある方」がお金を借りるための絶対条件となります。

そのため、失業中や転職などで一時的に収入がない方がお金を借りるためには、公的な制度を利用することでお金を借りることが可能となります。

次に、公的制度のメリットとデメリットを下記にまとめてみました。

メリット デメリット
・金利ゼロ、又は低金利で借入できる
・年金受給のみでも借入できる
・手続きに時間がかかる
・融資までに時間がかかる
・保証人が必要となる場合がある

失業や、転職などが理由で生活が困難となった場合、まずは近くの市役所に行き相談してみましょう。

このように低所得や生活困難の方に頼もしい公的制度ですが、公的な制度を利用してお金を借りる場合は手続きや審査などに時間がかかってしまい実際に融資となるまでに1か月程度時間がかかってしまいます。

即日でお金を借りたい場合は、手続きも簡単で審査スピードも早いカードローンを申し込むことで今すぐお金を借りることが可能になります。

カードローンなら少額でも安定した収入があればOK

カードローンは、金額に関係なく安定した収入があればお金を借り入れすることが可能です。

そのため、正社員ではなくてもアルバイトやパートなど、雇用形態に関係なく学生や主婦でも申込むことができます。

カードローンでは基本的に年金は安定した収入として認められてもらえない金融機関がほとんどですが、年金受給者の方でも年金以外に安定した収入がある場合はお金を借りることが可能です。

カードローンは時間や場所に関係なく365日24時間いつでもインターネットから申し込みが可能で、審査回答までとてもスピーディーです。

また、借入れする方法もローンカードを利用してATMからお金を借りる、又は指定の銀行口座に融資を振込んでもらうなど借入れや返済方法も充実しているため自分に合ったお金の借り方が可能となるため助かります。

カードローンで借りるために最低限必要なこと

最短即日でお金を借りることが可能なカードローンですが、誰でも申し込むことが可能なわけではありません。

カードローンは、住宅ローンやマイカーローンのように担保や保証人を必要としないローンなため、もし契約者から借金の回収が不可能となった場合、お金を貸した金融機関は「貸し倒れ」となってしまいます。

このような状況を避けるためにもカードローンの申し込みでは、申込者に「返済能力」があるかどうかを確かめるために必ず審査が行われます。

そしてこの審査に通過することができればカードローンでお金を借りる事が可能となります。
ここでは審査に通過するために最低限必要なことについてご紹介します。

安定した収入

カードローンの基本的な貸付条件は、「年齢満20歳以上の申込者本人に安定した収入がある方」とされています。

そのため、現在就職活動中であったり、会社を長期休暇している場合でも本人に安定した収入があるのかどうかが審査の評価基準となります。

病気やケガで会社を長期休暇していても、その間有給などで一定の給与が支払われている場合は、安定した収入として認めてもらうことが可能です。

しかし、育児休暇などのような長期休暇の場合でも無給の場合は審査に通過することはできません。

このようにカードローンの審査では、職場に在籍していたとしても現在安定した収入があるかどうかが審査で重要なポイントとなります。

信用情報に問題がない

カードローンの審査では申込者の信用を確認するために、必ず信用情報の確認が行われます。

信用情報には過去に契約したクレジットカードやキャッシング、カードローンなどの申込情報や返済履歴などが記録されています。

過去や現在の契約で長期延滞などといった返済による問題があった場合はこの信用情報に必ず記録されているため、審査での評価に悪影響を及ぼしてしまいます。

更に、借金の返済が困難になり過去に自己破産など債務整理を行った経験がある場合はその情報が金融事故として信用情報に登録されています。

このような金融事故による情報が信用情報に登録されている状態のことを一般的に「ブラックリストに載る」と言われています。

このような状態になってしまうと、最低でも5年間はカードローンの審査に通過する事が出来なくなってしまいます。

もし、信用情報が不安な方やブラックに対して心当たりがある方は、事前に信用情報機関の公式サイトから自分の信用情報の開示申請を行い確認しておくことをおすすめします。

カードローンの審査に通過するためには、信用情報に長期延滞やブラックなどといった事故情報が登録されていないことが大切なポイントになります。

収入が無くても借りれる例外融資

カードローンは原則として安定した収入がある方が申し込みの対象となりますが、銀行カードローンなら収入の無い専業主婦の場合でもお金を借りることが可能になります。

消費者金融の場合は総量規制の対象となるため「年収の3分の1を超える借入れをすることはできない」と貸金業法で定められています。

そのため、本人に収入がない場合はお金を借りることはできません。

しかし、銀行カードローンの場合は総量規制の対象外となるため、収入のない専業主婦の方でも借り入れが可能となります。

配偶者の方に安定した収入があることが条件となりますが、金額に関係なく配偶者に安定した収入があれば専業主婦の方でもカードローンでお金を借りることができます。

専業主婦の場合は通常のカードローンの限度額よりも、30万円~50万円と少額な設定となっていますが、高額な利用でなければ十分な限度額での借入れが可能なため頼りになる存在です。

意外と知らない無人契約機の落とし穴

カードローンの申し込み方法は、インターネットや無人契約機(自動契約機)、店頭窓口やフリーコールなど様々な申込み方法が用意されています。

申込みするところを誰にも見られたくないなら、スマホやパソコンからネット上で手続きを完了する。

とにかく急いでお金を借りたい場合は、インターネットから申し込みをして無人契約機で直接ローンカード受け取り、ATMでお金を借りる。などといったように自分に合った申し込み方法を自由に選択することが可能です。

ここでは、意外と知らない無人契約機での手続きで起こる落とし穴についてご紹介します。

無人契約機での手続きで起こる落とし穴

人気の大手消費者金融ではスムーズな手続きを可能とするために無人契約機の設置を行っている金融機関が多く存在しています。

そのため無人契約機で手続きをすることによって、メリットばかりに目が行ってしまいがちですが、デメリットについても注目する必要があります。

無人契約機で手続きを行う際のデメリットは下記のようになります。

  • 無人契約機内で審査結果を待たなくてはいけない
  • オペレーターからの連絡が意外と多い
  • カメラで観察されているため緊張する
  • 無人契約機内は無音

無人契約機で契約手続きを行うことによって直接ローンカードを受け取ることが可能となるため、即日でお金を借りるためには確実な手続き方法ではありますが、申込み~契約まで全て無人契約機で手続きを行うとなるとストレスが大きいためあまりおすすめできません。

インターネットで申込み手続きを済ませておき無人契約機で契約手続きを行うか、ローンカードの受取りだけを無人契約機で行うことでストレスが少なく手続きを済ませることが可能となります。

消費者金融で借りるなら審査通過率で選ぶ

消費者金融の中でも各サービスによってそれぞれ特徴が異なっています。

「金利が低い」「限度額が高額である」「審査スピードが早い」などといったようなスペックに関しては、公式サイトを見ればすぐに確認することが可能ですが、カードローンを利用するためにはまず審査に通過しなければいけません。

実は、大手の消費者金融によっては実際に申し込みを行った人数と審査に通過した人数の割合を表した「審査通過率」といったデータを公表しています。

このデータを比較することによって、実際に審査に通過している割合が高いカードローンを知ることができるため、審査に通過となるための確率を高めることが可能となります。

次に、実際に大手消費者金融が公表している過去1年間の審査通過率を3ヶ月ごとに比較してみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

大手消費者金融の審査通過率を比較

サービス名 審査通過率
2016年6月 2016年9月 2016年12月 2017年3月
アコム 48.0% 48.3% 48.5% 48.0%
プロミス 44.3% 43.9% 41.0% 42.4%
アイフル 47.5% 47.0% 43.5% 43.5%

このように3社を比較しても、最も審査通過率が高いカードローンは「アコム」になります。

アコムは国内の消費者金融でも唯一海外でのキャッシングが可能なマスターカードを発行しているサービスがあることも人気の理由として挙げられるのではないでしょうか。

カードローンの基礎知識について

ここでは、カードローンの基礎知識についてご紹介します。

カードローンでの申込情報や返済履歴などは信用情報に必ず登録されます。そのため返済の遅延や債務整理などを行った場合はその事実が事故情報として信用情報にしっかりと登録されてしまいます。

そうなってしまうと、住宅ローンや教育ローンなど今後のライフプランに必要となるローンの審査に大きな影響を与えてしまう可能性も十分にあり得ます。

カードローンは申し込み方法も簡単ですぐにお金を借りることができるためとても便利なサービスですが、今後のライフプランに影響を与えないためにも計画的に利用することが大切です。

申込み方法について

カードローンは申し込み方法がインターネットや自動契約機、またはフリーコールなどから申し込むことが可能です。

また、どうしても今日中にお金を借りたい場合は、インターネットから申し込みをして自動契約機で契約を行う方法をおすすめします。

契約終了後は自動契約機で直接ローンカードを受け取ることができ、受取後はコンビニや提携ATMですぐにお金を借りることができるため最短即日でお金を借りることが可能になります。

カードローンの申し込みで必要な書類は、運転免許証やパスポートなどといった本人確認書類と、希望額によっては給与明細や源泉徴収票などといった収入証明書の提出が必要となります。申込みの前に準備しておくとスムーズに手続きを行うことが可能になります。

審査について

カードローンの限度額は申込者の収入とのバランスによって決定されるため、カードローンの審査では申込者の収入がとても重要なポイントとなってきます。

希望額があまりにも高く、収入とのバランスが取れていない場合は審査落ちの原因となってしまうケースもあるため、審査通過を重要視するなら希望額は必要最低限の金額で申し込むようにしましょう。

カードローンの審査では必ず信用情報の確認が行われます。信用情報には過去に利用していたクレジットカードやカードローンなどの申し込み情報や返済履歴などが記録されています。

そのため審査の際に長期延滞や自己破産などといったような事故情報が登録されている場合は審査落ちとなってしまいます。

またカードローンの審査では原則として職場への在籍確認が行われます。これは申込者が申込書に記載した職場に本当に勤務しているのかどうかを確かめるために行われます。

在籍確認は会社名ではなく担当者個人の名前で電話がかかってくるため在籍確認の電話があるからといってカードローンの申込みであると会社側にバレる可能性は少ないでしょう。

しかし、多くの金融機関では原則とし在籍確認は職場への電話で行っている中、金融機関の中には書類での在籍確認を可能とする金融機関もあるためどうしても電話連絡を避けたい場合は、「モビット」や冒頭でご紹介した「アイフル」なら書類での在籍確認が可能なためおすすめです。

モビットなら書類での在籍確認OK

金利 年3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査スピード 10秒簡易審査
最低返済額 月々4,000円
融資即速度 最短即日
無利息期間 ×
書類での在籍確認が可能な条件 ・三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座がある
・収入証明書の提出ができる
・健康保険証の写しを提出できる

返済について

カードローンの返済方法は、指定口座への振込みや提携ATM、ネットバンキングなどを利用されている方はインターネットから返済を行うことも可能です。

普段仕事などで忙しい方でも、コンビニATMからであれば夜中での返済も可能となるため安心です。

返済日をうっかり忘れてしまいそうな方は、指定口座から返済日になると自動的に引落しで返済を行ってもらえる自動引落しでの返済が可能なカードローンもあるため自分にあった返済方法を選択することが可能です。

カードローンは基本的に毎月1回、約定返済日といって必ず返済を行う日が決定されていますが、この約定返済日以外でも返済することが可能です。

このように約定返済日以外に追加で返済を行うことを随時返済(追加返済)と言います。

随時返済で返済した金額は全額元本返済に充てられるため、随時返済の回数を増やすことによって支払う利息を軽減することが可能となります。

カードローン審査での注意点

カードローンの審査は、申込者の「返済能力」の確認を目的として行われているため申込者の年収や勤続年数などが特に審査で重要となってきます。

しかし、審査で良い印象を与えようとして、年収を割増して申請したり、他社から借りている残高を実際よりも少なく記載したり、ウソの申請をしても審査の段階で必ずバレてしまいます。

カードローンの審査では必ず申込者の信用情報を照会して申込情報と照らし合わせて審査を行います。信用情報を確認することによって他社からお金を借りている件数や金額なども確認することが可能となるため、全て情報が丸裸にされてしまいます。

審査の際に申込情報が嘘であるということがバレてしまうと、信用を失ってしまい審査落ちとなってしまいます。申込み時の申請は必ず正直に行うようにしましょう。

カードローンでよくある質問について

最後にカードローンの申し込みでよくある質問に対してQ&A方式でお答えいたします。

家族にバレずに借りれる?

家族にバレずにお金を借りるためには、自宅への郵送物を不要にすることがポイントです。

まずはインターネットで申し込みをして自動契約機で契約を行い、その場で直接ローンカードや必要書類を受け取ることによって自宅への郵送物を不要にすることが可能となります。

金利の差ってどれくらい利息に影響するの?

カードローンで初めて申し込む場合、初回限度額は一般的に30万円~50万円であると言われています。

返済期間にもよりますが、数百万円といったようにそれほど高額な借入額でなければ2%~3%くらいの金利の差であればそれほど利息に大きな差が出ることはないでしょう。

一時的な借り入れであれば消費者金融の「無利息サービス」を活用する方がお得になるケースが多いです。

在籍確認なしで借りれるの?

カードローンの在籍確認は原則として必ず行われます。

基本的には職場へ電話での確認となりますが、会社名ではなく個人名でかかってきます。カードローンによっては「モビット」のように一定の条件を満たすことによって書類での在籍確認が可能なカードローンも存在しています。

何社まで借りれるの?

カードローンでは他社の申し込みに対して何社までといった規制はありません。

法的には総量規制の対象内であればいくらでも借り入れすることが可能となりますが、一般的に おまとめローンなどの審査に通過することが可能な件数は5件までと言われています。

フリーターでも借りれるの?

カードローンの申し込み条件は、ほぼ全ての金融機関で「満20歳以上の安定した収入がある方」が対象とされています。

そのため、アルバイトやパートといったような雇用形態や属性に関係なくフリーターの方でも条件を満たしていればお金を借りることが可能となります。

ブラックでも借りれるの?

どのような場合であっても信用情報に「ブラック」として登録されている期間は審査に通過することは出来ません。

しかし、5年~10年経過することによって信用情報から事故情報が消去され、信用情報がリセットされるため新たに審査通過することが可能となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする